お肌を美しく保つために必要なことは?

それでは具体的なケア方法について見ていきましょう。まずはヒアルロン酸の量を減らさないために必要なことについてですが、こちらは日頃の食生活が重要になります。ヒアルロン酸を生成するために必要なことはたんぱく質やビタミンCなどの栄養素であり、これらを積極的に摂取していくことが肝要です。また、睡眠時間についても充分な時間を確保することが重要になります。お肌は夜間に生成されたり修復されたりするため、夜にしっかりと寝ていないとたるみやその他のお肌のトラブルを助長してしまうので注意しましょう。

言わずもがな、スキンケアも美しいお肌を保つためには重要になります。そもそもヒアルロン酸は真皮層で生成されるもので、そこまでダメージが届いてしまうとヒアルロン酸を作る線維芽細胞がダメージを受けてしまい、生成量が減少してしまいます。紫外線は真皮層にまで届くダメージの代表的な例で、したがってUVカットを心がけることはお肌を保つために最低限必要なケアであると言えます。また、お肌の乾燥についても同様に、真皮層へ負担をかけてしまう可能性がありますので、保湿ケアについてもしっかりと行っていかなければなりません。規則正しい生活習慣とUVケア、保湿ケアこそがアンチエイジングのために重要なことなのです

たるみの原因はヒアルロン酸にある!

お肌のたるみは女性の大敵でしょう。お肌がたるんでいるせいで見た目年齢が10歳も高く見られてしまうこともありますし、美しいお肌を保つためには度外視できない問題だと言えます。それではなぜ人の肌は「たるみ」が発生してしまうのでしょうか。その原因は、お肌の真皮にあるヒアルロン酸にあります。通常、ヒアルロン酸はお肌の内部にて生成されるものですが、生産量は加齢によって減少してしまうことが分かっており、赤ちゃんのお肌と比較して40代の方のお肌はヒアルロン酸の量が半分程度にまで減少してしまうため、これを食い止めることがエイジングケアの基本になります。

この他にも表情筋や深層筋の衰えなどもたるみの原因として挙げられます。これはふくらはぎや腰回りといった大きな筋肉で考えると分かりやすいと思います。筋力は普段から鍛えておかないと徐々に落ちてしまい、これは表情筋などの顔の筋肉についても同様のことが言えます。表情筋の筋力が低下してしまうと、皆さんの想像通り、皮膚が自重によって垂れ下がり、その結果たるみが発生してしまうと考えられます。したがって、エイジングケアとしてヒアルロン酸の量に着目するのと同時に、表情筋にも注意しなければならないのです。

美容成分「ヒアルロン酸」ってどんな成分?

ヒアルロン酸やコラーゲンは、言わずと知れた美容成分で、化粧品や基礎化粧品に配合されているだけでなく、美容の元として食事にも配合されることがあります。これらの美容成分は名前だけは知っているという方も多いと思いますが、それでは具体的にどのような成分なのでしょうか。

まずはヒアルロン酸の基礎知識についてです。ヒアルロン酸は私達のお肌にもともと備わっている成分で、保湿性に優れている成分でもあることから基礎化粧品などのお肌に直接塗るものに配合されるようになりました。その保湿性はどの程度かというと、なんとたった1gで6000mlもの水分を保っていられるというもの。お肌を水々しく保つためにも、ヒアルロン酸は必要と言えるでしょう。更に知っておきたいのは、ヒアルロン酸の持つ弾力性です。お肌の弾力性があるということはハリがあることを意味しているのは皆さんもご存知だと思います。その弾力性はどこから生まれるのかというと、お肌の内部にあるヒアルロン酸の量が関係しており、この量が多ければその分高い弾力性を有することになります。したがってお肌を若々しく保つためには、ヒアルロン酸の量をいかに下げないかがポイントになります。

それでは、どのようなスキンケアを行っていけば、お肌を若々しく保つことができるのでしょうか。日々のスキンケアにも活用できる具体的なケア方法と、ヒアルロン酸の関係性についてご紹介していきます。皆さんも身近なケアから少しずつ、アンチエイジングを進めていってみてください。